市民ケーン

市民ケーン [Blu-ray]

市民ケーン [Blu-ray]

 何かと1番になる市民ケーン。ランキングに弱い。あと古典に弱い。ランキングに乗っている古典はとにかくすげぇに違いない。というわけで見る。なんか意識高い市民が自由と平等を求めて権力者と戦う映画なんだろうなって思ってたけど違った。その逆だった。うっかり金と権力が転がり込んできたケーンアメリカンドリームな話だった。そして世間的な成功とは別に、個人的な幸せみたいなものは得られずに寂しいなって言う。


 権力や金を持っているものが、持たざる物に富を分配するのは重要だと思う。んで、危険なのが劇中で示されていた通り、「感謝しやがれ」という態度になることだ。優しいとか慈悲があるとか、そういう善なる態度がいつのまにか傲慢さと入れ替わるのだ。一方で「やらない善より、やる偽善」という言葉もある。売名行為や、優越感、自己満足を得るための慈善行為。しかしそれによって救われる人々もいる。ならば理由はどうあれ「やる偽善」行為に価値があるという。結局受け取り手の感じ方の問題か。そうなのだ。これは受け取り側のさじ加減で行為の意味合いが変わるのだ。劇中で大統領の姪との関係が悪くなったのは、単にコミュニケーション不足とか、仕事と私どっちが大事なの!的問題かと思ったけど、歌手の方は仮に彼女がオペラ歌手を目指すことが本当の望みであれば良かったのよね。そういえば、オペラ歌手になるのは母の希望だとか言ってたよな、あのこ。なんでそれを本人の希望だという話にすり替えたのか。時代だろうか。両親の願いを叶える娘こそが最上だという理解だったのかな。そういえばあの子の母出てきたっけ。母が喜んでいる描写とかなかったけど。既に亡くなってるって設定なのかな?その辺覚えてない。話を戻そう。善意の授受の話。この物語では、パワーのあるケーンの善意が実は傲慢に変わっていき、善意の受け取り手はやがてケーンの元を去っていく、という構造になってる。それがアメリカンドリームの闇の部分だ、力あるものが陥る過ちだ、という事が語られているように思う。でもちょっとケーンの側にも立ちたい。善意の受け取り手は、それが常態化することによって、そのありがたみを忘れているのではないだろうか?そして自らの弱さを武器にして、さらなる善意を求める。卑しい態度だ。権力者の傲慢と、弱者の卑しさ。表裏一体。


 面白かったし、なかなかに含蓄があると思ったけど、映画ランキング1位的な感じはしない…。しないのは多分アメリカ人じゃないから。町山さんの市民ケーン紹介動画があったので貼り付ける。


町山智浩の映画塾!「市民ケーン」<予習編>【WOWOW】#186


町山智浩の映画塾!「市民ケーン」<復習編>【WOWOW】#186

 予習編の方でこの映画がいかに当時の革新的撮影技法をとりいれて撮られているか!ってものすごく熱が入ってるけど、現代の単なる視聴者にはあんまり伝わんないかなか…。あと映画好きといっても、撮影方法とか気にして観てる人がどれだけいるか…。確かに市民ケーンが産んだ様々な仕組みは指摘されれば、そうなんだ、すごいやって思うけど、それが当たり前になった現代の映像を見慣れていると、新鮮味が無いのは当然のこと。「これが初期のiPhoneなんですよ!!!!」って必死にiPhone3Gを高校生に見せても「へぇそうなんですか…そんで?」ってなりそう。妄想だけど。そうやって技術は普遍化していくのだろう。ただその道の始祖を再確認するというのは、温故知新という言葉が示す通り、時として新しい発想に結びつく。市民ケーンはそうやって現代にも評価される強度を得ているのだと思う。そうか、その道の始祖になるとその後の歴史で繰り返し紐解かれる。音楽もそうだ。最初に始めた人がとにかく強い。プログレキング・クリムゾンはいつまで経っても廃れないけど、そのフォロワーたちはその活躍している時代でパッと花咲いて散っていくではないか。その人々にしても次の変革につながる人々なのだとは思うけど。

f:id:w5cg2:20190505031225j:plain

GRIII買った

f:id:w5cg2:20190421234451j:plain
 GRIIIを買った。買ったけど買うことに目的があって、撮りたい写真が無くてなぁ…。即効性ならスマホが抜群だし。しかしデジカメで撮った写真はハッとするような解像感があったりして、やっぱりスマホのカメラが進化したといっても、専用機にはやはり敵わないのだなと感じたりする。

 どんなものなのでもそうなのだけど、低級なもので満足しているときは、高級なものの良さには気づかない。しかし一度高級なものを体験し、それに慣れていくと、低級なもの粗が分かるようになり、低級なものでは満足できなくなるのだ。カメラの話だけに限らない。あらゆる物の価値だとか、仕事やサービスの質だとか、考え方とか…。とにかく全ての価値観に汎用できる考え方だ。だから向上心を持つとどんどん上に行くことになる。そうでなければ低級な状態にとどまることになる。しかし低級な状態の方が幸福度が高いのかも。井の中の蛙大海を知らず、というけれど、大海を知らない蛙は、その小さな世界の王様で、自己が満たされて幸福だ。

 でもちょっと興味を持つと情報がいくらでも飛び込んでくるこの時代において、井戸の外の世界が無いことを無視しては生きていけない。そのとき上に行こうとしなければすっぱい葡萄理論で自分を守るか。守りきれる?現実が激しく襲ってきて、惨めで死にそうにならない?本当はもっと上に行きたいって認めたほうが良くない?でもその努力ができない自分を認めるのが嫌なの?結局惨めじゃない?そう思わないならいいです。なんか趣旨がずれてきた。

 とにかく向上心を持ち続けよう。その意志がきっと世の中を豊かにする。カメラなんて何でも良いんだけど、ちょっと良いのを選んでみたのさ!特に必要ないもの?しかしエンタメとはそういうものなのでは?エンタメ無くても死ぬことはないよね。必要ないよ。でも必要ないものに夢中になれることこそが、人生を豊かにすることだと思うんだよね。そうだね、写真なんて殆ど撮らないけどね。全てはそこそこ高価な玩具を買った言い訳です!

ローマ帝国 カリグラ:狂気の皇帝

www.netflix.com
 第3シーズンを見る。カリグラについての物語だ。全4話。第1シーズンから1話ずつエピソードが減っているのはなんだ。人気無いから予算でないのか。カリグラの活躍した時代のせいかな。ローマ帝国の第3代皇帝となったのが37年。41年に殺されてるのでその治世わずか4年。4年の僅かな間に後世まで延々と語り継がれる伝説的悪行を残したということか。カリグラの名前は、今は狂気、暴君の代名詞とも言える言葉として知られていると思うのだけど、むしろそのイメージの方が先行していて、カリグラがどんな人物なのか、ということはもしかしたら知られてないのかもしれない。皇帝だったことすら微妙かも。どっちかというとファンタジーとかゲームとかで、悪役に与えられる名前がカリグラだったりして、イメージの方から入るのかも。自分のことですけどね。ええ。そんなわけでカリグラの生い立ち、人間関係や、狂気の皇帝と呼ばれるまでの物語はとても面白かった。もちろんWikipediaで史実との照らし合わせをしながら。これが楽しい。カリグラの父であるゲルマニクスは、どうやらマラリアであったというのが昨今の研究らしいのだが、本作の中では、ティベリウスによる暗殺ということになっている。これはまぁもちろん物語を盛り上げるための仕組みだろう。実際そのように考えている歴史家もいるようだし。それによってティベリウスの妻である、大アグリッピナがその後にティベリウスと敵対した流れも自然に見えるし。またティベリウスが死んだのも、病没という味方が大勢であるようだが、カリグラが枕を押し付けて殺したのではないかという説を採用して物語が作られている。この辺り解釈の異なるイベントをどのように選択するかは、歴史ドラマものでの面白いところ。

 次のシーズンも楽しみにしています。やってくれるかな…。

ファーゴ

 「アルゴ」とごっちゃになる。語感が似てるだけ。なんとなく面白そうだなと思って選んで観始めたのだけど、これコーエン兄弟の映画だったのか。Wikipediaによると、

ハリウッドスターを数多く起用し、巨額の製作費を掛けた『未来は今』(1994年)では興行的に惨敗を喫したものの、捲土重来を期した次作『ファーゴ』(1996年)は批評家たちに絶賛され、兄弟に初のアカデミー賞脚本賞)をもたらした。海外での評価も高く、この作品で兄弟は二度目のカンヌ国際映画祭監督賞を受賞している。『ファーゴ』は2014年からTVシリーズ『FARGO/ファーゴ』となり、兄弟が製作総指揮を務めている。

wikipedia:コーエン兄弟

 捲土重来。語感が良い。ライターのセンスを感じるぜ。時々Wikipediaって聞いたこと無い四字熟語が使われてる。すぐに何って出てこないけど。
さらにWikipediaから引用。

コーエン兄弟制作の映画作品。ノースダコタ州の都市ファーゴとその周辺を舞台に、狂言誘拐をめぐる人間模様を描いたサスペンスストーリー。R15+指定。ジャンルとしてはコメディに分類される。
映画の始めに「これは実話である」(原文:THIS IS A TRUE STORY.)という一文が映るがこれも演出の一つで、実際に映画のような経緯を辿った誘拐事件が起きた事実はなく、物語は完全なフィクションである

 狂言誘拐を扱ったサスペンスものかと思って観てたのに、コメディって…。まぁコメディだよってのはなんとなくそんな雰囲気が随所にあるような気がした。字幕で観たのだが、セリフで執拗に「YEAH」を乱発するとことか。たぶん台詞回しの面白さがあるに違いない。違いないけど字幕だと伝わんねーな…。コメディって言葉のニュアンスに依るところが大きいのだろうな。吹き替えでみればきっと印象がもう少し違うような気がする。

 あと実話だよって明示してんのに本当はフィクションってなんかもう何が真実かわからないな…。これ本当はフィクションですよって、嘘ですよってどこでも言ってなかった気がするんだけど。実話だよ、って言うから信じたのにそれすら演出だよって。そういうのがアリになるとドキュメンタリー映画の信頼性が揺らぐのだが、そのへんの掻き混ぜ方もこの映画の魅力なのかなと思う。

病院坂の首縊りの家

病院坂の首縊りの家

病院坂の首縊りの家

市川崑監督はインサートがかっこいい。新房監督がさよなら絶望先生で多用していたように思う。絶望先生市川崑テイストが溢れてる。お話の面白さとか、仕掛けの巧さとかはまぁそんなに重要じゃないかな。このシリーズはキャラクターを楽しむ映画だし。桜田敦子さんが可愛かった。たぶん今の基準でみてもだいぶかわいい。パッツンメンヘラ女子(歪んだ視点)。

エリザベス

エリザベス [Blu-ray]

エリザベス [Blu-ray]

 夜眠れなくてNetflixで視聴。音だけ聞きながら眠れるかなと思ったけど面白くなって結局最後まで観る。そうすると単純に眠る時間が少なくなって次の日寝不足。まぁそれは良い。最近2時に寝て2時に起きてる。流石に寝過ぎでは。暇人です。

 それはともかくとして。歴史をベースにした作品は、ネットで答え合わせしながら観るのが個人的に面白い。個人的に面白いって不思議な言葉だ。面白さとは主観的な感覚で個人的に面白い以外にあるものか!客観的に面白いって言うけどね。言うけど、それってあなたの感想ですよね?客観的に面白いと個人的に感じているわけだ。私は面白いと思ってないけど、客観的には面白いのでは?みたいな話なのかな。そんなひねくれた言い方する人いなそうだけど、実際はいるんだろう。ひねくれた人。

 閑話休題。とにかくネットで答え合わせしながら映画を観るのだ。新しい登場人物が出たらググって、その人物が歴史上どのような役割を果たした人なのか調べる。当然ストーリーのネタバレはある。でも構わない。歴史上の事実を映画化してるんだから、ストーリーなんて初めからネタバレしている。ネタバレしているストーリーやイベントをどのように脚色するのか、どのような演出によって構成するのか、そういうのが歴史を扱う映画の面白さだろう。

 吹き替えで視聴。主役のエリザベスは高畑淳子さん。女王になる前のエリザベスから物語は始まる。ロンドン塔に幽閉されたり。んで、その瑞々しさという点では高畑さんの吹き替えは、やや老け感はあるものの、次第に女王として肝が座ってくると、非常に雰囲気が出てきて素晴らしい。「国家と結婚している」というような事を言ったというエリザベス1世だが、劇中ではロバート・ダドリーとめちゃくちゃ恋仲でセックスもバンバン描写してる。男など寄せ付けぬ!みたいな人かと思ったらそうでもなかった。果たしてホントにそこまで親密な関係だったかは創作なのかもしれないが、Wikipediaによれば、結婚を餌に政治的交渉を仕掛けるようなところもあるようだし、政治的したたかさから結婚を利用していた人のようだ。こういうところも歴史映画の面白いところだ。歴史的な有名人はキャッチーなアフォリズムだけが独り歩きして、その人物像がむしろそこに引っ張られてしまう。

ラッカは静かに虐殺されている

 ドキュメンタリー映画。ISISとこのように戦っていた市民ジャーナリストがいたのか。淡々とした魅せ方だが、「ラッカは静かに虐殺されている」の人々が戦う熱い気持ちがすごい。正しく戦うジャーナリスト。尊敬する。